FC2ブログ

うつ病でもFXで稼ぐ!

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > チャート解説 > ダブルトップ(トリプル)・ダブルボトム(トリプル)

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.10 Sun ダブルトップ(トリプル)・ダブルボトム(トリプル)

2010y01m10d_210628891.jpg

ダブルトップ(トリプル)・ダブルボトム(トリプル)

ダブルトップの典型的なモデルです。上昇相場が一旦Aで頭を押さえられBまで下落し再度上昇をトライするも、前回天井をつけた水準Cでまたもや売りを浴び、値を崩しています。Bの水準を今度は堪えきれず急落していく様子が見て取れます。ほぼ同値近辺で二度ピークを形成するのがダブルトップのパターンであり、三度ピークを形成する場合をトリプルトップと呼んでいます。左図の上下を逆転させれば,下げ相場の底値圏でしばしば見られるダブルボトムの形となります。(今回のユーロ/円、ポンド/円は典型的なトリプルトップとなっております。)
 このように二度(三度)までも相場が同じ水準で天井を打った場合に、市場参加者の多くが強い売り勢力の存在を意識するようになります。そしてBのラインを下回った時点(ネックライン)で一気に売りが集中し,下げを加速させてしまうケースが多いようです。
 ネックラインを破ったあとのターゲットライン(目標値)は,ピーク(A、C)の水準からネックラインまでの値幅が意識され、それと同じ値幅となる場合が多い。但し、一般的には間を置いてそれ以上に値幅が延長されるケースが多く、今回はそれ以上の値幅の下げとなっています。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。